大衆点評 施設/店舗情報(POI)登録

大衆点評に施設/店舗情報(POI情報)を登録する手順を簡単に解説します。

このPOI登録は、いわゆる公式店舗アカウントとは異なるもので、一般には大衆点評アプリのユーザが自分の訪問した施設/店舗を登録するものですが、もちろん施設/店舗様自らがユーザとして登録することもできます。

単なるPOI登録では、アプリ内集客プロモーションには不十分ですが、少なくとも大衆点評上に施設/店舗登録されることで、アプリユーザに存在を知ってもらったり、レビューしてもらう可能性は高まります。

ここでは、POI登録申請の操作概要を解説します。入力内容は、説明用に日本語で入力しています。実際に登録申請を行われる場合には中国人ユーザに分かりやすい内容にするよう(ひらがな店名をアルファベットにする、中国簡体字にする等)、工夫してみてください。


まずはアプリをインストールして会員登録

施設/店舗登録は大衆点評のアプリで行いますので、まずは大衆点評アプリのダウンロードとインストール、会員登録を行ってください。


施設/店舗登録申請はトップ画面から

アプリのトップ画面右上の "・・・" から、「添加商戸」(お店を追加)を選択します。

登録申請画面は下記のようになっています。

「商戸名」が、施設/店舗の名称です。名称を入力します。

「類型」は、業態を示します。飲食店なら「餐飲」(飲食)から選択していきます。

ほかには、「当地玩楽」(現地レジャー)、「購物」(お買い物)、「景点」(観光地)、「旅行服務」(旅行サービス)、「酒店」(ホテル)などの種別が用意されていますね。

現状の大衆点評海外日本版には、あまりきめ細やかな業態設定がされていません。とんかつのカテゴリがないため、ここでは、「日本料理」→「其他日本料理」を選択しています。

現状の「日本料理」カテゴリは、寿司、鉄板焼、懐石料理、すき焼き/しゃぶしゃぶ、日本式スナック(たこ焼き等の想定でしょうか?)、居酒屋、日本式ファストフード、その他日本料理という感じですね。

次に、「城市」(都市)と、「地址」(所在地)を設定します。基本的には、ユーザスマホのGPSから読み込んだ現在地が入っています。もし、該当施設/店舗以外の場所から設定する場合は、個別に指定します。"○○ビル2F" など、階数も設定することで、お客さんがよりお店にアクセスしやすくなりますね。

次は、お店の内外装や看板、あるいはメニューの画像を登録します。「上伝照片」(写真をアップロード)のボタンをタップしてスマホ内の画像をアップロードします。画像は9枚まで登録可能です。大衆点評の審査を通過しやすくするために、店舗外装やレシートの画像が推奨されています。


アップロードできました。「電話」は二つの電話番号を登録できます。次に、「営業時間」で営業時間設定を行います。

「週一」は月曜日の意味です。順に進んで「週日」が日曜日ですね。「営業時段」は営業時間帯です。曜日によって営業時間帯が異なる場合などは、「添加営業日」(営業日を追加)から追加します。「特殊説明」には、その他の営業時間情報を記入します(クリスマスは営業しない等)。

「全天歇業」(その日は終日お休み)、「全天24小時営業」(その日は終日24時間営業)、「非全天営業」(その日には営業しているが時間帯が限定されている)というような意味になります。

営業時間が設定できたら、アクセス情報を「如何到達」から登録します。

情報入力が完了したら、「提交」(提出)ボタンをタップして登録申請が完了します。時期にもよりますが、審査は3日から1週間で完了すると思います。


弊社では、単純なPOI登録代行は基本的には承っておりませんが、翻訳が必要であったりお困りのお客様がいらっしゃいましたらお気軽にご相談いただければと思います。

株式会社 日本遊 インバウンド・マーケティング担当:info@jpyoo.co.jp

訪日インバウンドPR | 株式会社 日本遊

訪日インバウンドプロモーションの最前線へ。

0コメント

  • 1000 / 1000